音声:信仰の列伝(4) 「信仰による悟り」 へブル人への手紙11章3節

2016年8月21日(日)午前10時半

週報No.2037:信仰の列伝(4) 「信仰による悟り」

へブル人への手紙11章3節
11:3 信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。

<インフォメーション>

ところで、ここでは、ちょっと変わったことが言われています。「見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。」

普通、人間が造る見える物質は、目に見える物質の材料によって造られています。しかし、天地創造の時の神の創造は、そうではありません。創世記1章の最初の神の創造のみわざには、へプル語の「バラ」が使われています。へプル語のバラは、無から有を創造することを意味する特別なことばです。

パウロは、新約聖書において、無から有を造り出すことばを第二コリント5章17節で使っています。

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です(そこには新しい創造があります。これは、キリストによる無から有を生み出す新創造です。)。」

「神はこのように人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」(創世記1:27)「神のかたち」とは、神の霊的、人格的存在のことです。神は、ご自分の息を人の内に吹き込まれていますから、神の霊のいのちを持って、人を創造され、また神は、御子イエス・キリストのいのちをもって、罪ある者を救い、神の国に入れて下さるのです。

この神の創造には、神が私と交わりたいという、並々ならぬ愛と、創造の目的、そして神の意志と、主権が働いています。神の、是非、造りたいという強い意志、意欲と実際に造り出している実行する意志が働いています。

目に見える私たちのからだも、この物質的世界も、宇宙も、神の意図と権威と力によって造られていることを悟るのです。

しかし、私たちにとって問題になるのは、私たちが見える物への欲によって、神と交わる霊的意思、意欲が支配され、引きずり回される時です。

例えば、ヨシュアの時代のアカンは、美しいシヌアルの衣服と、金の延べ棒を見て、欲しくなり、盗んで隠しました。

ダビデは、美しいパテシェバが水浴びする姿を見て、罪を犯しました。

金持ちの青年は、見かけは幼い頃から戒めを守り、永遠のいのちを求めて、イエス様の元に走り寄って来ました。主は、彼の心に真の信仰と愛がないのを見抜かれて、彼の持ち物を全部売って、貧しい者に施しなさいと命じられました。金持ちの青年の心は、試みられました。彼が多くの富を持っていたからです。彼は選択を迫られたのです。彼はイエス様より、永遠のいのちよりも、自分の多くの富を選んで、悲しげな顔をしてイエス様の元を立ち去ったのです。

「だれでも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」(マタイ6:24)

このみことばは真実です。ほとんどの人が神を軽んじて、富に仕えるのです。

「人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。」(ヤコブ1:14~15)

サタンは主イエスを誘惑した時、「今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて、言った。『もしひれ伏して私をおがむなら、これを全部あなたに差し上げましょう。』」(マタイ4:8~9)

今も、この世の富と栄華を求める、肉の欲の支配は終わっていません。続いています。むしろ、激しくなっています。朽ちる快楽を求めることに、心が、支配されています。これによって、罪を犯しています。

私たちは、みことばと、主イエスの血と、聖霊を信じる信仰によって、自分の意志が主の恵みと力によって満たされている間は、物質欲に支配されずに、物や富を天に積んで、幸福に暮らすことができます。

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6:19~21)

<今週の活用聖句>

箴言3章6節
「あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」

写真は、フランスの版画家Gustave Doré (1832–1883)による創世記1:3の「Let there be light(光があれ)」 (Wikimedia Commonsより)

地の塩港南キリスト教会
横浜市港南区上永谷5-22-2 TEL/FAX 045(844)8421