2020年 復活節礼拝 「キリストを食べる者」 ヨハネの福音書 6:53~58

2020年4月12(日) 午前10時半

礼拝メッセージ  眞部 明 牧師

ヨハネの福音書 6:53~58
6:53 イエスは彼らに言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。人の子の肉を食べ、またその血を飲まなければ、あなたがたのうちに、いのちはありません。
6:54 わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。
6:55 わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物だからです。
6:56 わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、わたしのうちにとどまり、わたしも彼のうちにとどまります。
6:57 生ける父がわたしを遣わし、わたしが父によって生きているように、わたしを食べる者も、わたしによって生きるのです。
6:58 これは天から下って来たパンです。あなたがたの父祖たちが食べて死んだようなものではありません。このパンを食べる者は永遠に生きます。」
【新改訳改訂第3版】

<礼拝メッセージ>(一部分)

主イエスは、ヨハネ6:57で「わたしを食べる者も、わたしによって生きるのです。」と、言っておられます。58節では、「このパンを食べる者は、永遠に生きます。」と言われました。

イエス様は、「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています。」と言われたので、信仰の分からない人は、イエス様の肉体にかじりつくことを考えて、60節で「弟子たちのうちの多くの者が、これを聞いて言った。『これはひどいことばだ。そんなことをだれが聞いておられようか。』と言っています。イエス様の従者であった者でも大勢の者が、主を内に信じて受け入れて、永遠のいのちを経験することが分かっていなかったのです。

ユダヤ人の教師であったニコデモさえ、たましいの生まれ変わりを、もう一度お母さんの胎内に入って生まれることかと、イエス様に尋ねています。人の心に信仰がないということは、この状態にあるのです。

67節で、十二弟子も同じ状態ではないかと、「まさか、あなたがたも離れたいと思うのではないでしょう。」と言っておられます。

今日、復活の信仰について、こんな状態ではないでしょうか。

死人からの復活が、議論の範囲、知識の理解や納得の範囲であれば、その人の内には、復活させて下さる「いのちの御霊」はおられません。

「もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられる御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。」(ローマ8:11)

イエス様を食べている人、即ち、死者の中からよみがえらせて下さる御霊を内に持っている人は、現実に、復活のいのちを日常に体験しています。みことばの約束を信じる時に、御霊の光を受けて、罪が赦され、救われ、きよめられ、心に明るさ、喜び、神の平安、たましいにキリストのいのちの鼓動を覚えるのです。

その経験の特徴は、それぞれ異なりますが、キリストの御霊が内にいますことは確かです。
「わたしの恵みと力は、弱さのうちに完全に現われる」と言われた、キリストの力を持ちます。

永遠に残る、信仰と希望と愛も、持つようになります。

やがてそれは、主イエスを愛する動機、主イエスに仕える動機で、何事もするようになり、主イエスを喜ばせることが喜びとなってきます。

パウロは、コリント第一、15:16で「もし、死者がよみがえらないのなら、キリストもよみがえらなかったでしょう。」と言っています。死は、永遠の王者ではありません。支配者でもありません。

「キリストの支配は、すべての敵をその足の下に置くまで、と定められているからです。最後の敵である死も滅ぼされます。」(コリント第一15:25~26)

「しかし、朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るとき、『死は勝利にのまれた』と記されている、みことばが実現します(イザヤ書25:8)。『死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。』死のとげは罪であり、罪の力は律法です。しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。」(コリント第一15:54~58)

こうして、困難の中にあっても、永遠の生ける主イエスと交わり、内にいのちと力が注がれるのを経験し、希望を持たせて下さいます。その生活自体が、主イエスを証しするようになります。主を喜ばせ、隣人を愛するようになります。

繰り返して言いますが、教会に行っているだけでこのようにはなりません。聖書のことばを覚えて、理解し、納得しているだけでは、死人から復活しません。

イエス・キリストのご人格である御霊を食べていないからです。内に受け入れて、自分のものとして活用していないからです。

今、お話していることは、非常に大切なことです。教会に行っているから、自分は天国に行ける、洗礼を受けているから、聖書のことばを覚えているから、天国に行ける、復活すると、思っている人がいるなら、その人はイエス様を食べていなければ、天国にいけません。

上の写真は、アメリカの写真家 Eric Enstrom によって1982年にミネソタ州のBoveyで撮影された写真「Grace(恵み)」(Wikimedia Commonsより)

<今週の活用聖句>

ヨハネの福音書6章57節
「生ける父がわたしを遣わし、わたしが父によって生きているよ
うに、わたしを食べる者も、わたしによって生きるのです。

<集会案内>

◇「志道者会」は、しばらくお休みします。

◇4月15日(水)聖別会 午前10時半
「訓練された人々(10)間違った訓練」

地の塩港南キリスト教会
横浜市港南区上永谷5-22-2 TEL/FAX 045(844)8421

**************************************************

【メッセージCDの販売】
メッセージCDは、一回分CD1枚500円+送料で販売しています。
(送料1~3枚160円、4~8枚210円、9枚310円、10枚以上送料無料)

【礼拝メッセージ・CD、テープのホットサービスのご案内】
毎週、日曜日の礼拝メッセージをお送りしています。全国どこでも、火曜日か、水曜日には、お手元に届きます。一年間ご予約下さると幸いです。
1年間ご予約(60分CD、52~53回分)36,000円(送料含む)
1ケ月毎の分割(1ケ月3,000円4~5回分)もできます。

いずれも代金前納で、お申し込み下さい。
お支払いは、郵便振替をご利用ください。
口座番号 00250一1-14559
加入者名 宗教法人 地の塩港南キリスト教会
電話・FAX 045(844)8421