「聖別会メッセージ」 題目リスト

聖化論は一応完結(406回分)していますが、初めの部分で、十分にお話していなかった部分を付け加えております。それで番号の頭に0を付けて表示しております。この包括的な聖化論は、私の生涯をかけて、重要なテーマとして追求して来ました。今後、数年かけて、これまでのテープも0番号に加えていって、全部をCDにして行く予定です。恐らく、このような包括的な聖化論は、他にないと思われます。

0番号のついているメッセージは、CDです。テープでご希望の場合、テープ希望と、はっきりお書きください。テープは製造打ち切りになっていますので、テープでお送りできないことがありますので、ご了解ください。
CDも、テープも、どちらも1巻 500円です。10巻以上、送料無料です。9巻までは、送料実費ご負担ください。代金は、前納でお願いできれば、幸いです。

(転機的経験)
0-1 信仰経験の関係と位置
0-2 二重の救い(1)
0-3 二重の救い(2)
0-4 二重の救い(3)
0-5 罪の二面性(1)
0-6 罪の二面性(2)
0-7 聖潔の転機的経験の目的(1)
0-8 聖潔の転機的経験の目的(2)
0-9 聖潔の転機的経験の目的(3)
0-10 贖罪の計画
0-11 聖霊のバプテスマ(1)
0-12 聖霊のバプテスマ(2)
0-13 聖霊のバプテスマ(3)
0-14 聖化の条件(1)霊的開眼の条件(1)
0-15 聖化の条件(2)霊的開眼の条件(2)
0-16 聖化の条件(3)聖霊を受ける八つの条件(1)
0-17 聖化の条件(4)聖霊を受ける八つの条件(2)
0-18 聖化の条件(5)聖霊を受ける八つの条件(3)献身
0-19 聖化の条件(6)聖霊を受ける八つの条件(4)信仰
0-20 聖化の条件(7)聖霊を受ける八つの条件(5)信仰
0-21 聖潔の生活に入る(1)神のみこころ
0-22 聖潔の生活に入る(2)信仰によってささげ、信仰によって受ける
0-23 献身(1)献身の本質
0-24 献身(2)自分を神に与える
0-25 献身(3)クリスチャンと道徳家の違い
0-26 献身(4)真の安息を受ける条件
0-27 献身(5)きよい心
0-28 献身(6)自愛と利己の違い
0-29 献身(7)自我とキリストとの戦い
0-30 聖潔の転機(1)転機と成長の関係
0-31 聖潔の転機(2)経験的転機
0-32 聖潔の転機(3)人間に絶対、必要
0-33 聖潔の転機(4)転機的経験の合理性
0-34 聖潔の転機(5)きよい生活は可能
0-35 聖潔の転機(6)きよい生活の目的
0-36 聖潔の転機(7)聖潔の恵みの条件
0-37 聖潔の転機(8)聖潔に伴う危険
0-38 聖潔の転機(9)最大の危険
0-39 聖化における転機(1)聖化の意味
0-40 聖化における転機(2)義認(新生)と聖化(1)
0-41 聖化における転機(3)義認(新生)と聖化(2)
0-42 聖化における転機(4)転機的用語(1)
0-43 聖化における転機(5)転機的用語(2)
0-44 聖化における転機(6)聖潔を受ける手段と動因
0-45 聖化における転機(7)ギリシャ語時制による証し
0-46 第二の恩寵のみわざ(1)なぜ、第二のみわざなのか
0-47 第二の恩寵のみわざ(2)新生から聖化までどれ位の期間が必要か
0-48 第二の恩寵のみわざ(3)なぜ、信仰の荒野をさまようのか
0-49 第二の恩寵のみわざ(4)「生かされること」と「十字架にかけられること」
0-50 第二の恩寵のみわざ(5)ローマ12:1、2
0-51 新生と全き聖化(1)新生に至るまで
0-52 新生と全き聖化(2)新生から聖化へ
0-53 新生と全き聖化(3)新生と全き聖化の内容
0-54 聖化の意味と範囲(1)ハギオス(弔い)の基本概念
0-55 聖化の意味と範囲(2)聖化の性質
0-56 聖化の意味と範囲(3)新生した者の中の罪の存在
0-57 聖化の意味と範囲(4)罪からの潔め
0-58 聖化の意味と範囲(5)神への積極的な傾倒
0-59 聖化の意味と範囲(6)聖化は避けて通れない
0-60 聖化の意味と範囲(7)光の中を歩む
0-61 聖化の意味と範囲(8)霊的戦い
0-62 聖化の意味と範囲(9)至高者の隠れ場
0-63 旧約聖書における聖化(1)聖性と聖化
0-64 旧約聖書における聖化(2)旧約における聖化の三つの面
0-65 旧約聖書における聖化(3)聖化の霊的意味
0-66 旧約聖書における聖化(4)きよめの必要感を与える罪と神観念
0-67 新約聖書における聖化(1)語彙から見る聖化の意義
0-68 新約聖書における聖化(2)聖化は私をどう変えるか。
0-69 新約聖書における聖化(3)純潔の意味
0-70 新約聖書における聖化(4)さらなる聖化の追求
0-71 新約聖書における聖化(5)聖化の三つの局面(1)
0-72 新約聖書における聖化(6)聖化の三つの局面(2)
0-73 新約聖書における聖化(7)聖化の三つの局面(3)聖潔の実
0-74 ローマ人への手紙が教える全き聖化(1)神の聖なるご性質
0-75 ローマ人への手紙が教える全き聖化(2)神の聖と人の聖
0-76 ローマ人への手紙が教える全き聖化(3)神の義
0-77 ローマ人への手紙が教える全き聖化(4)ローマ5章 分与された義
0-78 ローマ人への手紙が教える全き聖化(5)ローマ6章 十字架による聖化
0-79 ローマ人への手紙が教える全き聖化(6)ローマ7章 律法によらない聖化
0-80 ローマ人への手紙が教える全き聖化(7)ローマ8章におけるきよめ
0-81 ローマ人への手紙が教える全き聖化(8)ローマ12~15章 聖潔の生活
0-82 人が経験できる聖化(1)
0-83 人が経験できる聖化(2)主を礼拝する畏敬
0-84 心の性質の聖化(1)罪の性質の実体
0-85 心の性質の聖化(2)新生しただけの危険
0-86 心の性質の聖化(3)不充分性と充分性
0-87 きよめの生活(1)性質のきよめと生活のきよめの区別
0-88 きよめの生活(2)過失のためのキリストの祭司職
0-89 きよめの生活(3)きよめの霊的特質
0-90 きよめの生活(4)きよめの中心的実体
0-91 品徳的恩寵(1)その差異
0-92 品徳的恩寵(2)成長の法則
0-93 聖化の確証
0-94 すべての人の特権である聖化(1)人間的な面と神的な面
0-95 すべての人の特権である聖化(2)現世で経験できる聖化
0-96 すべての人の特権である聖化(3)現世における全き救い(1)
0-97 すべての人の特権である聖化(4)現世における全き救い(2)
0-98 聖化の法則と過程(1)罪の責めと汚れの除去
0-99 聖化の法則と過程(2)神の所有と神の奉仕のために(1)
0-100 聖化の法則と過程(3)神の所有と神の奉仕のために(2)
0-101 聖化の法則と過程(4)聖別のしるしとカ
0-102 聖化の法則と過程(5)キリスト者の聖潔(1)
0-103 聖化の法則と過程(6)キリスト者の聖潔(2)
0-104 地上で経験できるキリストのみわざ(1)罪からの潔め
0-105 地上で経験できるキリストのみわざ(2)原罪と購罪の適用
0-106 地上で経験できるキリストのみわざ(3)神の前に立っための全き聖化
0-107 地上で経験できるキリストのみわざ(4)主とパウロの祈り
0-108 地上で経験できるキリストのみわざ(5)罪から解放された状態
0-109 地上で経験できるキリストのみわざ(6)自分中心の自我からの解放
0-110 地上で経験できるキリストのみわざ(7)自分で意識的に受け入れる
0-111 全き献別と全き愛(1)献別の源泉は愛
0-112 全き献別と全き愛(2)御霊による献別
0-113 全き献別と全き愛(3)御霊のみわざの究極的目的
0-114 福音的完全(1)到達できる福音的なもの
0-115 福音的完全(2)試験的完全(1)
0-116 福音的完全(3)試験的完全(2)
0-117 福音的完全(4)試験的完全(3)
0-118 第二のみわざの四重の面(1)消極面・・・純化のみわざ(1)聖書の約束
0-119 第二のみわざの四重の面(2)消極面・・・純化のみわざ(2)聖徒たちの証言
0-120 第二のみわざの四重の面(3)消極面・・・罪は取り除くことができる(1)
0-121 第二のみわざの四重の面(4)消極面・・・罪は取り除くことができる(2)
0-122 第二のみわざの四番の面(5)消極面・・・発は取り除くことができる(3)
0-123 第二のみわざの四重の面(6)積極面・・・内住の聖霊(1)
O-124 第二のみわざの四重の面(7)積極面・・・内住の聖霊(2)
0-125 第二のみわざの四重の面(8)積極面・・・内住の聖霊(3)
0-126 第二のみわざの四重の面(9)倫理的(実際問題の)責務(1)
0-127 第二のみわざの四重の面(10)倫理的(実際問題の)責務(2)
0-128 第二のみわざの四重の面(11)倫理的(実際問題の)責務(3)
0-129 第二のみわざの四重の面(12)漸進的面・・・聖化された霊魂の成長と発達(1)
0-130 第二のみわざの四重の面(13)漸進的面・・・聖化された霊魂の成長と発達(2)
0-131 第二のみわざの四重の面(14)漸進的面・・・聖化された霊魂の成長と発達(3)
0-132 第二のみわざの四重の面(15)漸進的面・・・聖化された塞魂の成長と発達(4)
0-133 第二のみわざの四重の面(16)漸進的面・・・聖化された霊魂の成長と発達(5)
0-134 聖化の信仰(1)信仰に到達する道(1)認罪
0-135 聖化の信仰(2)信仰に到達する道(2)献身
0-136 聖化の信仰(3)信仰の道(1)何を信じるのか?
0-137 聖化の信仰(4)信仰の道(2)どのように信じるのか?
0-138 聖化の信仰(5)信仰の道(3)みことばを疑う
0-139 聖化の信仰(6)信仰のあかし(1)神のみことば
0-140 聖化の信仰(7)信仰のあかし(2)ゆだねることと信頼
0-141 聖化の信仰(8)信仰のあかし(3)安息の経験
0-142 聖化の信仰(9)信仰のあかし(4)恵みの所有の経験
0-143 聖化の信仰(10)信仰のあかし(5)霊魂の満たしの経験
0-144 聖化の信仰(11)信仰の満たし(1)・・・その特質(1)
0-145 聖化の信仰(12)信仰の満たし(2)・・・その特質(2)
0-146 聖化の信仰(13)信仰の満たし(3)・・・その効力(1)
0-147 聖化の信仰(14)信仰の満たし(4)・・・その効力(2)
0-148 聖化の信仰(15)信仰の満たし(5)聖霊と信仰に満たされた人
0-149 聖化の信仰(16)信仰の満たし(6)源泉は何か
0-150 聖化の信仰(17)信仰の満たし(7)いかにして受けるか
0-151 聖化の信仰(18)神の賜物である信仰(1)その特質
0-152 聖化の信仰(19)神の賜物である信仰(2)祈りの信仰
0-153 聖化の信仰(20)神の賜物である信仰(8)位置と価値
0-154 聖化の信仰(21)信仰の祈り(1)
0-155 聖化の信仰(22)信仰の祈り(2)
0-156 聖化の信仰(23)信仰の祈り(3)
0-157 聖化の条件としての信仰(1)信仰を正確にはっきりとつかみたい
0-158 聖化の条件としての信仰(2)信仰は単なる主観ではない
0-159 聖化の条件としての信仰(3)神は何を求めておられるのか
0-160 聖化の条件としての信仰(4)救いを確立する信仰
0-161 聖化の条件としての信仰(5)霊魂にとどく信仰経験が必要(1)
0-162 聖化の条件としての信仰(6)霊魂にとどく信仰経験が必要(2)
0-163 聖化の条件としての信仰(7)従順な服従
0-164 聖化の条件としての信仰(8)愛による服従
0-165 聖化の条件としての信仰(9)今、受け取る信仰
0-166 聖化の条件としての信仰(10)重要な注意点
0-167 恩寵のみわざ(1)神の備え(1)四つの侵入
0-168 恩寵のみわざ(2)神の備え(2)三位一体の神の贖罪・・・なる神によるもの
0-169 恩寵のみわざ(3)神の備え(3)三位一体の神の贖罪・・・御子によるもの
0-170 恩寵のみわざ(4)神の備え(4)三位一体の神の贖罪・・・天の御座にある御子と御霊によるもの
0-171 恩寵のみわざ(5)新生と全き聖化の区別
0-172 恩寵のみわざ(6)新生はきよめではない
0-173 恩寵のみわざ(7)純化された生活(1)
0-174 恩寵のみわざ(8)純化された生活(2)
0-175 恩寵のみわざ(9)罪は破壊され得るか
0-176 恩寵のみわざ(10)きよめの祝福
0-177 恩寵のみわざ(11)栄光の御前に立たせる聖化(1)
0-178 恩寵のみわざ(12)栄光の御前に立たせる聖化(2)
0-179 恩寵のみわざ(13)内住の神(1)
0-180 恩寵のみわざ(14)内住の神(2)
0-181 恩寵のみわざ(15)倫理的責務(1)行ない
0-182 恩寵のみわざ(16)倫理的責務(2)動機の純潔
0-183 恩寵のみわざ(17)聖化後の成長と発達(1)
0-184 恩寵のみわざ(18)聖化後の成長と発達(2)
0-185 経験的な聖化(1)罪の性質
0-186 経験的な聖化(2)神の適格な備え
0-187 経験的な聖化(3)聖化の必要観
0-188 経験的な聖化(4)聖化は現世において可能
0-189 経験的な聖化(5)聖化なしに天国に入れない
0-190 経験的な聖化(6)聖化の経験の目的
0-191 経験的な聖化(7)信仰に立つために、なすべきこと
0-192 経験的な聖化(8)聖化における誤解と危険
0-193 聖潔の必要性(1)絶対に必要な聖潔
0-194 聖潔の必要性(2)聖潔が必要な理由
0-195 聖潔の必要性(3)他人を導くために必要な聖潔
0-196 漸(ぜん)進的聖化(1)聖化における三つの段階
0-197 漸進的聖化(2)地上生涯において経験的に到達できる過程
0-198 漸進的聖化(3)罪の除去としての聖化の過程
0-199 漸進的聖化(4)愛の御霊による献身
0-200 漸進的聖化(5)状態としての聖潔
0-201 いつ、きよめられるか(1)聖化の現在即時性
0-202 いつ、きよめられるか(2)条件を果し続ける時
0-203 いつ、きよめられるか(3)信仰を働かせる時
0-204 いつ、きよめられるか(4)臨終の時の清潔の危険
0-205 動詞の時制に見られる神のみわざ(1)霊的努力と祈り
0-206 動詞の時制に見られる神のみわざ(2)究極的な救いの条件は、継続的信仰
0-207 動詞の時制に見られる神のみわざ(3)全き聖化における転機的時制(1)
0-200 動詞の時制に見られる神のみわざ(4)全き聖化における転機的時制(2)
0-209 動詞の時制に見られる神のみわざ(5)全き聖化における転機的時制(3)
0-210 動詞の時制に見られる神のみわざ(6)全き聖化における転機的時制(4)
0-211 動詞の時制に見られる神のみわざ(7)全き聖化における転機的時制(5)
0-212 動詞の時制に見られる神のみわざ(8)全き聖化における転機的時制(6)
0-213 聖潔を求める人へのメッセージ(1)確かに得られる聖潔の恵み
0-214 聖潔を求める人へのメッセージ(2)三つの注意点
0-215 聖潔を求める人へのメッセージ(3)クリスチャンの普遍的義務(聖霊に満たされること)
0-216 聖潔を求める人へのメッセージ(4)聖潔は個人的に知り得る
0-217 聖潔を求める人へのメッセージ(5)六つのみわざ
0-218 聖潔を求める人へのメッセージ(6)危険な落し穴と重要点
0-219 聖潔を求める人へのメッセージ(7)訓戒と約束の福音的基盤
0-220 聖潔を求める人へのメッセージ(8)聖め別ってください
0-221 聖潔を求める人へのメッセージ(9)どちらが聖潔への道なのか?
0-222 聖潔を求める人へのメッセージ(10)非聖書的な洗練さに警戒せよ
0-223 聖潔を求める人へのメッセージ(11)さらに深い悔い改めと十字架を負うこと
0-224 聖潔を求める人へのメッセージ(12)聖潔に不可欠な信仰
0-225 聖潔を求める人へのメッセージ(13)よき信仰の友を持て
0-226 聖潔を求める人へのメッセージ(14)愛の完全を求める祈り
(継続)
0-227 潔められた者への忠告(1)避けなければならないこと
0-228 潔められた者への忠告(2)恵みをしばしば活用すること
0-229 潔められた者への忠告(3)失う危険性がある
0-230 潔められた者への忠告(4)弟子がその師のようになれたら十分
0-231 潔められた者への忠告(5)天の天は十字架です
0-232 潔められた者への忠告(6)キリストの愛は活用されるべきです
0-233 潔められた者への忠告(7)潔められたキリストの兵士
0-234 潔められた者への忠告(8)自分を誇る危険
0-235 聖潔の経験の継続(1)転機後の継続
0-236 聖潔の経験の継続(2)成長への道
0-237 聖潔の経験の継続(3)聖潔の継続の聖書の根拠(1)
0-238 聖潔の経験の継続(4)聖潔の継続の聖書の根拠(2)
0-239 聖潔の経験の継続(5)聖潔の継続の聖書の根拠(3)
0-240 聖潔の経験の継続(6)どうすれば聖潔の成長はできるのか?
0-241 聖潔の経験の継続(7)信仰の真の目標
0-242 聖潔の経験の継続(8)聖潔の継続の注意点
0-243 聖潔の成長における三つの要素
0-244 恵みを保つ道(1)神とともに歩む
0-245 恵みを保つ道(2)ぜひ必要なこと
0-246 恵みを保つ道(3)実を結ぶために
0-247 恵みを保つ道(4)私たちのなすべきこと
0-248 恵みを保つ道(5)聖潔の生活とは何か
0-249 恵みを保つ道(6)成長と確証
0-250 恵みを保つ道(7)誇りと熱狂主義の危険
0-251 恵みを保つ道(8)律法無用主義と怠慢の危険
0-252 恵みを保つ道(9)願望、分裂、模範
0-253 恵みを保つ道(10)御霊の満たしの活用と服従
0-254 恵みを保つ道(11)忍耐と祈り
0-255 恵みを保つ道(12)小さい事がもたらす大きな結集
0-256 キリストに似ること(1)キリストに似るためのいのち
0-257 キリストに似ること(2)神のご性質にあずかる者
0-258 キリストに似ること(3)キリストの心と霊を持つ者
0-259 キリストに似ること(4)御子のかたちと同じ姿
0-260 キリストに似ること(5)キリストが歩まれたように
0-261 新約聖書の成熟(1)間違った理解
0-262 新約聖書の成熟(2)信仰の活用
0-263 新約聖書の成熟(3)完全
0-264 新約聖書の成熟(4)完全の五つの概念
0-265 新約聖書の成熟(5)従順、渇き、愛
0-266 新約聖書の成熟(6)御霊の働き
0-267 新約聖書の成熟(7)聖霊のバブテスマ
0-268 新約聖書の成熟(8)聖霊のバプテスマのもたらすもの
0-269 聖潔の生活の倫理(1)聖潔の進歩(1)
0-270 聖潔の生活の倫理(2)聖潔の進歩(2)
0-271 聖潔の生活の倫理(3)クリスチャンの倫理の源泉
0-272 聖潔の生活の倫理(4)聖書的基礎
0-273 聖潔の生活の倫理(5)聖潔と生活
0-274 聖潔の生活の倫理(6)自由の律法
0-275 聖潔の生活の倫理(7)愛の律法
0-276 聖潔の生活の倫理(8)良心の働き
0-277 実践的聖潔の倫理(1)神に対して---神的特性
0-278 実践的聖潔の倫理(2)自分に対する聖潔の行動
0-279 実践的聖潔の倫理(3)他人に対して---兄弟、家庭、国家
0-280 成長を助けるもの
0-281 誘惑との戦い
0-282 霊的トンネル
0-283 試練のもたらす祝福(「継続」の区分終了)
(特徴)
0-284 聖潔の経験的特徴(1)神に占領された霊魂の輝き(「聖潔の特徴」に入ります)
0-285 聖潔の経験的特徴(2)聖潔の生涯の積極性と制限性
0-286 聖潔の経験的特徴(3)聖潔のもたらす調和
0-287 聖潔の経験的特徴(4)弟子性
0-288 聖潔の経験的特徴(5)聖潔の確証
0-289 聖潔の経験的特徴(6)御霊の実(1)
0-290 聖潔の経験的特徴(7)御霊の実(2)
0-291 聖潔の経験的特徴(8)純潔
0-292 聖潔の経験的特徴(9)聖潔の力
0-293 聖潔の経験的特徴(10)霊的洞察力
0-294 聖潔の経験的特徴(11)全き愛(1)
0-295 聖潔の経験的特徴(12)全き愛(2)
0-296 聖潔の経験的特徴(13)全き愛(3)
0-297 聖潔の経験的特徴(14)正義・・・正しい者
0-298 聖潔の経験的特徴(15)心のまっすぐな者
0-299 聖潔の経験的特徴(16)従順
0-300 聖潔の経験的特徴(17)聖霊による喜び
0-301 聖潔の経験的特徴(18)天の所
0-302 聖潔の経験的特徴(19)三つの安息
0-303 聖潔の経験的特徴(20)第二の安息
0-304 聖潔の経験的特徴(21)キリストの遺産
0-305 聖潔の経験的特徴(22)審判者なるキリストの平安
0-306 聖潔の経験的特徴(23)旧約に見られる全き平安
0-307 聖潔の経験的特徴(24)成長、堕楽、回復の可能性
0-308 聖潔の経験的特徴(25)聖潔の防腐性
0-309 聖潔の経験的特徴(26)勝利の道
(諸要素)
0-310 聖潔の諸要素(1)聖霊の満たし
0-311 聖潔の諸要素(2)聖霊を信じる
0-312 聖潔の諸要素(3)聖霊は教会の主
0-313 聖潔の諸要素(4)約束の御霊
0-314 聖潔の諸要素(5)ペンテコステに何が起きたのか
0-315 聖潔の諸要素(6)神の賜物としての聖霊
0-316 聖潔の諸要素(7)聖霊が与える生命
0-317 聖潔の諸要素(8)内住の聖霊
0-318 聖潔の諸要素(9)聖霊の交わり
0-319 聖潔の諸要素(10)キリストの御霊
0-320 聖潔の諸要素(11)カの御霊(1)
0-321 聖潔の諸要素(12)力の御霊(2)
0-322 聖潔の諸要素(13)いのちの御霊
0-323 聖潔の諸要素(14)真理の御霊(1)
0-324 聖潔の諸要素(15)真理の御霊(2)
0-325 聖潔の諸要素(16)聖なる御霊
0-326 聖潔の諸要素(17)愛の御霊
0-327 聖潔の諸要素(18)火の御霊
0-328 聖潔の諸要素(19)御霊の実
0-329 聖潔の諸要素(20)奉仕の御霊
0-330 聖潔の諸要素(21)御霊の法則
0-331 聖潔の諸要素(22)ペンテコステへの挑戦
0-332 聖潔の諸要素(23)祝福への道
0-333 聖潔の諸要素(24)力に満ちた生活(1)
0-334 聖潔の諸要素(25)力に満ちた生活(2)
0-335 聖潔の諸要素(26)御霊の導き(1)
0-336 聖潔の諸要素(27)御霊の導き(2)
0-337 聖潔の諸要素(28)御霊の実(1)クリスチャンは実を結ぶ
0-338 聖潔の諸要素(29)御霊の実(2)実は現われる
0-339 聖潔の諸要素(30)御霊の実(3)神との関係-愛、喜び、平和
0-340 聖潔の諸要素(31)御霊の実(4)他人との関係-寛容、親切、善意
0-341 聖潔の諸要素(32)御霊の実(5)自分関係-誠実、柔和、自制
0-342 聖潔の諸要素(33)御霊の賜物(1)賜物の本質
0-343 聖潔の諸要素(34)御霊の賜物(2)賜物の与え主
0-344 聖清の諸要素(35)御霊の賜物(3)賜物の目的
0-345 聖潔の諸要素(36)御霊の賜物(4)みことばの働き
0-346 聖潔の諸要素(37)御霊の賜物(5)ことば
0-347 聖潔の諸要素(38)御霊の賜物(6)奉仕(1)知恵、知識、信仰
0-348 聖潔の諸要素(39)御霊の賜物(7)奉仕(2)その他の働き
0-349 聖潔の諸要素(40)御霊の賜物(8)生活における活用
0-350 聖潔の諸要素(41)御霊の賜物(9)性質と奉仕の保証

以降、毎週の聖別会にて継続中

【お申し込み先】
〒233-0012 横浜市港南区上永谷5-22-2
地の塩港南キリスト教会
電話・FAX O45(844)8421
郵便振替 00250-1-14559
加入者名 宗教法人地の塩港南キリスト教会(振替用紙は、郵便局にあります。)

FAXで、CDをご注文くださる方は、郵便局で代金を振り込まれた受額証をはって、ご注文のCDの題目名と番号を正確にお書きくださり、ご自分のお名前、ご住所、電話番号を、大き目の字で、楷書で必ずご記入くださり、FAX送信してください。CDが、そちらに届くのが早くなります。