書籍紹介 「悩みに勝つ力」 

まなべあきら著 B6 252頁

悩みがあることが問題ではありません。悩みを乗り越えられないことが問題なのです。
あなたの悩みに勝つために、この本に書かれていることを活用してください。悩みに勝つことが出来ます。

 

 

 

目次

1章 悩みの原因
1、混乱は悩みを生む
2、疲労の主な原因は倦怠
3、疲労と悩み
4、精神的、感情的緊張
5、内気
6、困難に直面すると
7、不当に非難を受ける時

2章 悩みのいろいろ
1、心の中の悩み
2、自己憐憫
3、仕事の悩み
4、不眠症の悩み
5、経済的悩み
6、結婚生活の悩み
7、主婦の悩み
8、過ぎ去ったことの悩み
9、どうにもならないことの悩み
10、感謝されない悩み
11、悩みは命取りになる

3章 悩みの分析法

4章 悩みの解決法
1、仕返しをしてはならない
2、心の態度を変えなさい
3、テキパキ問題を処理する方法
4、感情はコントロールできる
5、今日に生きる
6、没頭できるものを持ちなさい
7、信仰による解決
8、職業を選ぶ
9、創造的努力
10、自分の能力を発達させる要素

結語

一部抜粋

はじめに

『あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。』 ヨハネの福音書16:33

私はこの本を書き上げるのに約十年の歳月を費しました。そして、この本は、この十年間に私自身が経験したこと、また私に手紙や電話や直接に話してくださった方々の経験、それに加えて、私が研究してきた経験に基づいて書かれています。それ故、この本は経験に満ちていると言ってもよいでしょう。

私の最大の関心事は、聖書と人間の経験についてですが、これを追求していく間に気づいたことは、この地上に生きた人間で、悩みのなかった人はひとりもいなかったということです。神のみ子イエス・キリストでさえ、私たち人間を救うためであるとはいえ、生きる悩みと、死の苦しみを経験され、さらには、罪の重荷を背負ってくださったのです。そして、今、この本を手にしてページを開こうとしているあなたも、悩みについて何らかの解決の糸口を得ようとしておられるのではないでしょうか。私は、この本を読まれるすべての方が、キリストの恵みと力によって解決を見い出せるようにと、心から祈りつゝ、この文を認めています。

さて、以上のように、この世にあっては、私たちは悩みから完全に解放されることがありません。しかし決して忘れてはならないことは、地上で経験するすべての悩みの中で、私たちが勝つことができない悩みは一つもないことです。人生は悩みに満ちています。しかしそれに打ち勝つことができます。打ち勝ってこそ、自分の人生を生かすことができるのです。戦わないで勝つ不戦勝には、たいした喜びはありません。しかし激戦の未の勝利は、その汗や涙にも、喜びと満足と生甲斐を感じるのです。悩みは、あなた自身を成長させる為にあり、あなたの人生を豊かにし、喜びと生甲斐を与える為にあるのです。今、あなたの心にシッカリと「私には勝てない悩みは一つもない。」と言いきかせて下さい。

ところで、あなたは戦争に出かける時、何の準備もしないで、手ぶらで行くでしょうか。戦いに勝つ為には準備と訓練が必要なのです。その為に本書は、あなたのよき手助けとなるはずです。もし、あなたが次の三つの方法を実行されるなら、必ずあなたは悩みに対して勝利者になれます。

1、本書を何回も熟読してください。
2、聖書の言葉を覚えてください。
3、書いてあることを実行してください。

それでは、悩みとの戦いの準備に入りましょう。

1988年4月1日
著者 まなべ あきら

第一章

一、乱雑は悩みを生む

『あなたの神に会う備えをせよ。』アモス書四章一二節

 部屋が散らかっていないと仕事が出来ない人もまれにはいますが、普通、乱雑は悩みを生み出します。洗濯物は溜り、ゴミは山積みになり、部屋中、子供のおもちゃがあふれている時、あなたは「あゝ、やりきれない!」とつぶやきます。不思議に物が散らかってくると、心も乱れてくるのです。

 もう一度言います。「乱雑は悩みを生みます。」ですから、日常のこうした悩みから解放されたかったら、あなたが掃除や整頓を楽しむようになることです。「どうしたら楽しめますか?そんなこと、私には無理です。」 これがあなたの心の中の質問です。そうです。掃除や洗濯はそれ自体、楽しい仕事ではありません。しかし、「はじめに」のところで書きました、戦争と勝利の喜びの原則を思い出してください。あなたは掃除や洗濯に挑戦するのです。そして、勝った時の清々しさを楽しむのです。家族の者が掃除の行き届いた部屋で、清潔な衣服を着て喜んでいるのを想像してください。それはあなたの手柄です。それは、金銭では買えないあなたへの報酬です。

 先日、皇太子御夫妻が、植樹祭の為に大分市においでになりました。(この本が発行される時から十二年以上も前のことです。) その折、皇太子御夫妻は県庁にお立寄りなさいました。けれども、その数日前の県庁の職員の清掃作業は大変だったろうと思います。さて、今日、皇太子御夫妻が、あなたの家にも立寄りたいと願われたらどうでしょうか。ソラ!ソラ!おゝあわて。ここで最初の聖書の言葉をお読みください。あなたの心と生活が、いつでも神に会う準備ができていれば、少しもあわてることはないのです。

皇太子御夫妻が来られると聞いただけでも大あわてです。まして神の御子イエス・キリストがあなたの家においでになると知ったら、どんなにあわてなければならないでしょう。

 けれども、あわてなくてよい名案が一つだけあります。あなたはそれを知りたくないですか。ソットお教えしましょう。それは簡単です。あなたの部屋をイエス・キリストに使って頂く為に毎日掃除することです。洗濯はイエス・キリストに着ていただくためにするのです。食事はイエス・キリストに食べて頂くために作るのです。このような心で、毎日の生活を営むなら、あなたはいつでも神に会う準備ができます。少しもあわてることはないのです。人生で最も大切な時は、特別な出来事がある時ではなく、平常の時です。不断に準備がされていることが最も大切なことです。不断に怠っている人は、一時に汗を流して頑張っても取り返せません。あなたの悩みは不断の乱雑にあるのですから、不断を神に会うのにふさわしいものとしなさい。解決はここにあるのです。

 次に、乱雑にならない為の工夫を挙げておきましょう。ぜひ実行してください。実行する人だけが勝利をつかむのですから。

 先ず、忘れないうちにメモをとることです。あとで、思い出さなければならないようでは、あなたの悩みの製造元になります。

 今すぐできることは、今してしまうこと。その場でできることを、あとまわしにしてはいけません。中途半端な仕事を沢山つくらないことです。半端な時間を利用して、手紙を書くこともできます。書く内容は予めメモしておくのです。一生涯には細切れの時間が多いのです。この時間を有効に利用する人は人生を二倍楽しめます。

 今すぐしなければならない仕事以外は、頭の中からも机の上からも片付けてしまいなさい。メモに覚えさせるのです。

 仕事に順番をつけなさい。大切な仕事から番号をつけて、それに従って一つずつ、そのことだけを頭に入れて仕事をすれば疲れは半分になります。自分がしなければならない仕事を山積みにして「時間がない」と悩んでいる人がいますが、このような人は高血圧や心臓病になりやすいのです。仕事に対する義務感と絶えない緊張の為に、人間は精神的病気になります。人間は浪費と悩みで死ぬと言ってもよいのです。

 他人に任せられることは全部任せなさい。一人で背負い込んではいけません。

 最後にもう一度言っておきます。「乱雑は必ず悩みを生むのです。」あなたの神と会う為に、心と生活の準備をしてください。この本を閉じたら、すぐに始めてください。

以上、一部抜粋