聖書の探求 005a 聖書の中のタイプ(予型) その他のタイプ

〔付〕バプテスマ(洗礼)の起源と意味

バプテスマは、旧約の儀式とはいえませんが、ペテロが、ノアの洪水のとき、八人の人々が箱舟の中で、水を通って救われたのが、バプテスマを示した型だと言っていますので、ここで少し触れておきたいと思います。

Ⅰペテ 3:20 昔、ノアの時代に、箱舟が造られていた間、神が忍耐して待っておられたときに、従わなかった霊たちのことです。わずか八人の人々が、この箱舟の中で、水を通って救われたのです。 3:21 そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです。バプテスマは肉体の汚れを取り除くものではなく、正しい良心の神への誓いであり、イエス・キリストの復活によるものです。

ペテロは、ここで、「バプテスマは肉体の汚れを取り除くものではなく、正しい良心の神への誓いであり、イエス・キリストの復活によるものです。」(21節)と言っています。

またパウロは、モーセとイスラエルの民が紅海を渡ったことをバブテスマのタイプとして取り上げています。

Ⅰコリ 10:1 そこで、兄弟たち。私はあなたがたにぜひ次のことを知ってもらいたいのです。私たちの父祖たちはみな、雲の下におり、みな海を通って行きました。10:2 そしてみな、雲と海とで、モーセにつくバプテスマを受け、

さらにパウロは、旧約の割礼をクリスチャンのバプテスマの起源として採用しています。

コロ 2:11 キリストにあって、あなたがたは人の手によらない割礼を受けました。肉のからだを脱ぎ捨て、キリストの割礼を受けたのです。 2:12 あなたがたは、バプテスマによってキリストとともに葬られ、また、キリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです。

先の二つのノアの洪水と紅海渡過は水が強調されています。ここで思いめぐらしてみますと、

創世記1章2節を見ますと、「やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた。」とあります。つまり神のことばによって光が出現する前に、地は水でおおわれ、やみに包まれていたのです。それはまさに死の状態です。光の出現によってやみは追いやられ、次に水と水が分けられて命が誕生していったのです。このことは非常に霊的なことです。光をキリストと考えるなら、地(人類)はキリストに出会うまで、やみに包まれ、水におおわれていたのです。しかしこの死の状態は、光なるキリストの出現によって命に向かって胎動を始め、やがて水から上がって命を受けるのです。

天地創造の記事をこのように考えるのは行き過ぎと言われる方もあるかもしれませんが、しかし、創世記のこの記述と私たちが受けたキリストの救いの経験とはピッタリ一致するのです。

また、列王記第二、5章14節で、「そこでナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。」とあります。これも直接、バプテスマのことを言っているわけではありませんが、非常に興味深い出来事です。バプテスマという言葉は「水に浸す」という意味ですから、ナアマンは、神の人エリシャの言葉に従って、バプテスマを受けたことになります。その時、彼のらい病がいやされ、きよくなったというところは、バプテスマのヨハネの悔い改めのバプテスマよりも、イエス・キリストの恵みのほうを強調しているように思われます。

今日のキリスト教会のバプテスマ(洗礼)の式は、バプテスマのヨハネにその起源があることは明らかです。
ところが、このバプテスマのヨハネは、「私は、あなたがたが悔い改めるために、水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、‥・。あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。」(マタイの福音書3:11)と言いました。彼は罪を悔い改めるための水のバプテスマではない、もっとすばらしい、罪の性質をきよめるところの聖霊のバプテスマがあることを語ったのです。ここで思い出していただきたいことは、先にパウロが割礼をバプテスマの起源としていたことです。パウロが割礼と言っているときには、いつでも体に受ける割礼ではなく、心の割礼です。肉の心、神に対してかたくなな心が取り除かれることです。ですから、パウロが旧約の割礼をバプテスマの起源としたのは、聖霊のバプテスマをさすためであったと思われます。

イエス・キリストは弟子たちに、「父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け」(マタイの福音書28:19)なさいと命じられましたが、これは「水のバプテスマの儀式だけをしておればよい」と言われたのではないと思います。それ故、「バプテスマ(洗礼)を受けたから、もう信仰を卒業した。」などと思ってはいけません。バプテスマ(洗礼)を受けることは、大きな恵みであり、大きな区切りではありますが、それは信仰生活のスタートなのです。パウロはローマ人への手紙6:4で、「私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、キリストとともに葬られたのです。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。」と言っているように、これからの歩みが大切なのです。そして一日も早く、聖霊のバプテスマを受けるように待ち望みたいものです。

以上で、儀式的タイプを終了します。

(4)旧約聖書中のある特定の書そのものが持つタイプの特長

創世記

個人的で、かつ歴史的タイプが中心です。創世記は、罪と裁き、憐みと赦しの発端の書です。それ故に、創世記には救い主のご人格と御業に関するタイプが見られます。たとえば、アダム、メルキゼデク、アブラハム、ヨセフたちです(参考、ローマ5:15、4:1~25、ガラテヤ3:6~14、ヘブル7;17)。

ロマ5:15 ただし、恵みには違反の場合とは違う点があります。もしひとりの違反によって多くの人が死んだとすれば、それにもまして、神の恵みとひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、多くの人々に満ちあふれるのです。

同 4:1 それでは、肉による私たちの父祖アブラハムの場合は、どうでしょうか。
4:2 もしアブラハムが行いによって義と認められたのなら、彼は誇ることができます。しかし、神の御前では、そうではありません。
4:3 聖書は何と言っていますか。「それでアブラハムは神を信じた。それが彼の義とみなされた」とあります。
4:4 働く者の場合に、その報酬は恵みでなくて、当然支払うべきものとみなされます。
4:5 何の働きもない者が、不敬虔な者を義と認めてくださる方を信じるなら、その信仰が義とみなされるのです。
4:6 ダビデもまた、行いとは別の道で神によって義と認められる人の幸いを、こう言っています。
4:7 「不法を赦され、罪をおおわれた人たちは、幸いである。
4:8 主が罪を認めない人は幸いである。」
4:9 それでは、この幸いは、割礼のある者にだけ与えられるのでしょうか。それとも、割礼のない者にも与えられるのでしょうか。私たちは、「アブラハムには、その信仰が義とみなされた」と言っていますが、
4:10 どのようにして、その信仰が義とみなされたのでしょうか。割礼を受けてからでしょうか。まだ割礼を受けていないときにでしょうか。割礼を受けてからではなく、割礼を受けていないときにです。
4:11 彼は、割礼を受けていないとき信仰によって義と認められたことの証印として、割礼というしるしを受けたのです。それは、彼が、割礼を受けないままで信じて義と認められるすべての人の父となり、
4:12 また割礼のある者の父となるためです。すなわち、割礼を受けているだけではなく、私たちの父アブラハムが無割礼のときに持った信仰の足跡に従って歩む者の父となるためです。
4:13 というのは、世界の相続人となるという約束が、アブラハムに、あるいはまた、その子孫に与えられたのは、律法によってではなく、信仰の義によったからです。
4:14 もし律法による者が相続人であるとするなら、信仰はむなしくなり、約束は無効になってしまいます。
4:15 律法は怒りを招くものであり、律法のないところには違反もありません。
4:16 そのようなわけで、世界の相続人となることは、信仰によるのです。それは、恵みによるためであり、こうして約束がすべての子孫に、すなわち、律法を持っている人々にだけでなく、アブラハムの信仰にならう人々にも保証されるためなのです。「わたしは、あなたをあらゆる国の人々の父とした」と書いてあるとおりに、アブラハムは私たちすべての者の父なのです。
4:17 このことは、彼が信じた神、すなわち死者を生かし、無いものを有るもののようにお呼びになる方の御前で、そうなのです。
4:18 彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。それは、「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、彼があらゆる国の人々の父となるためでした。
4:19 アブラハムは、およそ百歳になって、自分のからだが死んだも同然であることと、サラの胎の死んでいることとを認めても、その信仰は弱りませんでした。
4:20 彼は、不信仰によって神の約束を疑うようなことをせず、反対に、信仰がますます強くなって、神に栄光を帰し、
4:21 神には約束されたことを成就する力があることを堅く信じました。
4:22 だからこそ、それが彼の義とみなされたのです。
4:23 しかし、「彼の義とみなされた」と書いてあるのは、ただ彼のためだけでなく、
4:24 また私たちのためです。すなわち、私たちの主イエスを死者の中からよみがえらせた方を信じる私たちも、その信仰を義とみなされるのです。
4:25 主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられたからです

ガラ 3:6 アブラハムは神を信じ、それが彼の義とみなされました。それと同じことです。
3:7 ですから、信仰による人々こそアブラハムの子孫だと知りなさい。
3:8 聖書は、神が異邦人をその信仰によって義と認めてくださることを、前から知っていたので、アブラハムに対し、「あなたによってすべての国民が祝福される」と前もって福音を告げたのです。
3:9 そういうわけで、信仰による人々が、信仰の人アブラハムとともに、祝福を受けるのです。
3:10 というのは、律法の行いによる人々はすべて、のろいのもとにあるからです。こう書いてあります。「律法の書に書いてある、すべてのことを堅く守って実行しなければ、だれでもみな、のろわれる。」
3:11 ところが、律法によって神の前に義と認められる者が、だれもいないということは明らかです。「義人は信仰によって生きる」のだからです。
3:12 しかし律法は、「信仰による」のではありません。「律法を行う者はこの律法によって生きる」のです。
3:13 キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです。
3:14 このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。

ヘブル 7:17 この方については、こうあかしされています。「あなたは、とこしえに、メルキゼデクの位に等しい祭司である。」

出エジプト記

血によるあがないと、その恵みの結果をあらわす儀式的タイプが中心です。
過越の祭りの羊の血は、神の民イスラエルと神との関係の土台となるものです。また羊の血は、イエス・キリストの大いなるあがないを予表したものです(出エジプト記13:16,17、コリント第一5:7)。

出 13:16 これを手の上のしるしとし、また、あなたの額の上の記章としなさい。それは【主】が力強い御手によって、私たちをエジプトから連れ出されたからである。」
13:17 さて、パロがこの民を行かせたとき、神は、彼らを近道であるペリシテ人の国の道には導かれなかった。神はこう言われた。「民が戦いを見て、心が変わり、エジプトに引き返すといけない。」

Ⅰコリ5:7 新しい粉のかたまりのままでいるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです。

レビ記

レビ記も儀式的タイプが主ですが、出エジプト記のタイプとは異なっています。レビ記は、神に近づくことのタイプ、礼拝のタイプです。罪によって妨げられていた神との交わりが、神の恵みによって回復することを予表しています。

民数記

神の民イスラエルがシナイの荒野で営む生活とその旅路を物語る歴史的タイプが中心です。
ここでは、クリスチャンの信仰生活中における信仰と不信仰の危機的経験を予表しています。

ヨシュア記

神の約束されたカナンの地の占領、分割、相続がその中心テーマですが、この中にクリスチャンのキリストの兵士としての信仰の戦いと生活のタイプが見られます。ヨシュア記はエペソ人への手紙と比べながら学ぶことができます。

最後に注目しておきたいことは、創世記が信仰者個人個人について教えることを目的にしているのに対して、出エジプト記以後の書は信仰者の集まりについて教えていることです。すなわち、信仰は個人個人が明確でなければならないとともに、教会全体が一致して信仰に進んでいなければならないことを教えています。

(以上で、旧約聖書中のタイプについて、完了。)

3、新約聖書中のタイプの種頬

新約聖書中には、タイプをいろいろな形で表現しています。それらをいくつか拾い出してみましょう。

  • 跡(ヨハネ20:25)ここでは釘の跡を科学的根拠のタイプとして用いています。

ヨハ 20:25 それで、ほかの弟子たちが彼に「私たちは主を見た」と言った。しかし、トマスは彼らに「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません」と言った。

  • 偶像、ひな型(予表)(使徒7;43、ローマ5:14)ここでは偶像を不信仰、不服従を表わすものとし、またアダムを第二のアダム、すなわちキリストを表わすタイプとして用いています。アダムの罪によって全人類を征服した死は、ひとりの人キリストによって回復されることを示しているのです。

使 7:43 あなたがたは、モロクの幕屋とロンパの神の星をかついでいた。それらは、あなたがたが拝むために作った偶像ではないか。それゆえ、わたしは、あなたがたをバビロンのかなたへ移す。』
ロマ5:14 ところが死は、アダムからモーセまでの間も、アダムの違反と同じようには罪を犯さなかった人々をさえ支配しました。アダムはきたるべき方のひな型です。

  • 形(使徒7:44)この幕屋の形は神の臨在、ひいてはキリストの肉体を表わすタイプとして用いられています。

使 7:44 私たちの父祖たちのためには、荒野にあかしの幕屋がありました。それは、見たとおりの形に造れとモーセに言われた方の命令どおりに、造られていました。

  • 文面(使徒23:25)これは手紙の文面のことですが、これは意志を伝える手段として用いられています。新約聖書のほとんどすべては手紙として書かれたことは、すでにご存知のとおりです。

使 23:25 そして、次のような文面の手紙を書いた。

  • 規準(ローマ6:17)これはキリストの教えが罪から解放することを示しています。

ロマ 6:17 神に感謝すべきことには、あなたがたは、もとは罪の奴隷でしたが、伝えられた教えの規準に心から服従し、

  • 型(ヘブル8:5) 山で示された型とは神の完全なみこころを示すタイプです。

ヘブル8:5 その人たちは、天にあるものの写しと影とに仕えているのであって、それらはモーセが幕屋を建てようとしたとき、神から御告げを受けたとおりのものです。神はこう言われたのです。「よく注意しなさい。山であなたに示された型に従って、すべてのものを作りなさい。」

  • 戒め、手本、模範(コリント第一10:6,11、ピリピ3:17、テサロニケ第一1:7、同第二3:9、テモテ第一4:12、テトス2:7、ペテロ第一5:3) これらは教訓として見習うことのタイプです。

Ⅰコリ10:6 これらのことが起こったのは、私たちへの戒めのためです。それは、彼らがむさぼったように私たちが悪をむさぼることのないためです。

同 10:11 これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。

ピリ 3:17 兄弟たち。私を見ならう者になってください。また、あなたがたと同じように私たちを手本として歩んでいる人たちに、目を留めてください。

Ⅰテサ1:7 こうして、あなたがたは、マケドニヤとアカヤとのすべての信者の模範になったのです。

Ⅱテサ3:9 それは、私たちに権利がなかったからではなく、ただ私たちを見ならうようにと、身をもってあなたがたに模範を示すためでした。

Ⅰテモ 4:12 年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい。

テトス2:7 また、すべての点で自分自身が良いわざの模範となり、教えにおいては純正で、威厳を保ち、

Ⅰペテ5:3 あなたがたは、その割り当てられている人たちを支配するのではなく、むしろ群れの模範となりなさい。

タイプとは、神が私たちに神の恵みと救いの力を教えるための実物教材なのです。

(以上で、「聖書の中のタイプ(予型)」完了)


【月刊「聖書の探求」の定期購読のおすすめ】
創刊は1984年4月1日で、2019年3月現在、通巻420号、まだまだ続きます。
お申し込みは、ご購読開始希望の号数と部数を明記の上、振替、現金書留などで、地の塩港南キリスト教会文書伝道部「聖書の探求」係にご入金ください。バックナンバーも注文できます。
一年間購読料一部 1,560円(送料共)
バックナンバー 一部 50円(送料別)
郵便振替00250-1-14559
「宗教法人 地の塩港南キリスト教会」
電話・FAX 045(844)8421